teras staff1

3月11日(月)「第2回 TERAS 成果報告会 」が開催されました。

理事長の挨拶から始まり、
本年度は 名古屋大学 山本教授による基調講演が行われました。
続きまして技術委員会から 活動状況のご紹介をさせて頂き、
休憩をはさみまして、開発委員会からの V2、V3の構想と展望のご紹介の後、
3つの事例講演が行われました。

当日の資料を TERAS活動>報告書・資料 にて
公開しましたので ご覧ください。

一般社団法人TERASの 第2回 成果報告会 開催が決定いたしました。

日時: 2013年3月11日(月)
場所: 東京コンファレンスセンター・品川

詳細は後日、公開いたします。
是非、参加のほどご予定ください。

TERAS実証評価会員へ ご参加いただいている企業様が
お蔭様を持ちまして 60社 となりました。

今後とも よろしくお願いいたします。

11月08日(木)、22日(木)、12月14日(金) の 3日にわたり、
実証評価会員様向けの 「TERAS ワークショップ 2012」 が開催されました。

今回は TERAS TRA V3 開発へ向け、仕様策定のための展望紹介と要望調査が行われました。
多くの実証評価会員様の参加を頂き、積極的な質疑応答と 意見の交換がなされました。

2012年12月14日(金)、TKP大手町カンファレンスセンター にて開催された
「JEITA ソフトウェアエンジニアリング技術ワークショップ2012」 に 参加しました。

理事の渡辺政彦氏による講演、「組込み開発トレーサビリティ:TERASができること」 を行い、
TERAS が紹介されました。

詳細につきましては JEITA / 情報・産業社会システム部会様 公式ページより、
「JEITA ソフトウェアエンジニアリング技術ワークショップ2012」の開催について を ご参照ください。

2012年11月26日(月)、沖縄IT津梁パーク にて開催された
「沖縄高度テスティングセミナー」 に 参加しました。

理事長の鶴保征城氏による特別講演、「TERAS について」 を行い、
TERAS が紹介され 好評を得ることができました。

詳細につきましては TIDA(ティダ)コンソーシアム様 公式ページより、
沖縄高度テスティングセミナー をご参照ください。

2012年11月14日(水)~16日(金)、パシフィコ横浜にて開催された
「Embedded Technology 2012 / 組込み総合技術展 2012」 に 参加しました。

IPA/SECブース、CATSブースでの展示・説明の他、
16日にはプライベートカンファレンスを実施してプレゼンテーションを行い
広く TERAS の紹介を行いました。

Embedded Technology 2012 / 組込み総合技術展 2012 につきましては公式ページ
ET 2012 / 組込み総合技術展 2012 を ご参照ください。

2012年11月2日(金)、金沢勤労者プラザにて開催された
第4回 高信頼システム情報交換会・北陸フォーラム に参加しました。

プログラムのパネルディスカッションに 理事の穴田啓樹氏がパネラーとして参加し
「IT融合時代において求められる組込みシステム」 の題で 活発に討論を行いました。

詳細 につきましては 一般財団法人 北陸産業活性化センター様 公式ページより
平成24年度 第4回 高信頼システム情報交換会・北陸フォーラム をご参照ください。

2012年9月7日、東京ドームホテル にて開催された
「第12回 システム検証セミナー」 にて TERAS が紹介されました。

株式会社ベリザーブ/中野昇様の講演、
「ISO26262への取り組みについて~模擬実験の概要と今後の課題~」(A-2) にて
TERAS を活用した模擬実験が紹介されました。

詳細につきましては 株式会社ベリサーブ様 公式ページより
第12回 システム検証セミナー をご参照ください。

2012年8月30日(木)~31日(金)、下呂温泉 水明館にて開催された
「SWEST 2012 / 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ 2012」 に協賛企業として参加しました。

「開発者のためのトレーサビリティを考える」 という題で
普段の開発においてトレーサビリティが必要となる状況、活用法をディスカッションし、
ビジネス上の優先順位の判断、テスト、引き継ぎへの活用などユニークな活用法が各グループから発表されました。

SWESTの様子

当日の様子 活発な情報交換

詳細はSWESTの公式ページ
組込みシステム技術に関するサマーワークショップ をご参照ください。

© 2011 TERAS Web Site Suffusion theme by Sayontan Sinha