会員規程

 

一般社団法人TERAS

会員規程

 

第1章 総 則

第1条(目的)

この規程は、一般社団法人TERAS(以下、当法人という)定款第2章に定められた会員に関する必要な事項を定めることを目的とする。

第2章 会 員

第2条(入会の審査)

当法人には、定款第2章に従い特別会員、正会員、賛助会員及び学術会員からなる会員組織を置き、理事会は社員総会において定められた入会基準及び以下の基準に基づき入会の可否を決定する。

(1) 特別会員

キャッツ株式会社、株式会社豊通エレクトロニクス、
情報技術開発株式会社、株式会社エヌアイデイ

(2) 正会員

当法人の目的に賛同して入会する個人、法人又は団体。

(3)賛助会員

当法人の事業を賛助するため入会する公共法人・公益法人等またはその部署、営利を目的としない団体またはその部署。

(4)学術会員

大学その他の高等教育機関、研究機関若しくは研究者または標準化団体その他の公

益若しくは非営利の団体(法人を含む。)に所属する有識者であって、当法人の趣旨に賛同する個人。

2 前項に定める特別会員のほか、特別会員による推薦を受け、理事会が特に承認する者を、

特別会員として追加する。特別会員として承認された場合には、遅滞なく前項に追記す

るものとする。

3 当法人は、会員の申込者が次の各号のいずれかに該当する場合には、当法人は申込者に

何らの通知をすることなく、申込を承諾しないことがある。

(1)会員の申込に際し、虚偽の届出をした場合

(2)会員として入会しようとする者が当法人の各規程に定められた義務を怠る恐れが

あると当法人が判断した場合

(3)当法人の競合他社や契約者を調査する目的で入会を希望する場合

(4)会員として入会しようとする者が日本国内に拠点を持たない場合であって会員と

しての活動が困難と認められる場合

(5)会員として入会しようとする者が反社会的勢力である場合

第3条(入会)

会員として入会しようとする者は、別途定める入会申込書を事務局に提出し、理事会の承認を受けるものとする。

2 法人または団体たる会員にあっては、法人または団体の代表者として、当法人に対してその権利を行使する者(以下「責任者」という。)を定め、事務局に届け出る。

3 責任者を変更した場合は、速やかに別に定める変更届を事務局に提出する。

4 入会を承認された個人または法人は、入会承認通知の受領をもって会員たる地位を取得する。

第3章 会費等

第4条(年会費等)

会員が毎年納付すべき年会費に関して次のように定める。

(1)特別会員   年会費 別途年度毎に理事会において承認された額

(2)正 会 員  年会費 10万円

(3)賛助会員  年会費なし

(4)学術会員   年会費なし

2 年会費は入会する暦月に関係なく、全額を納付しなければならない。

3 既納の年会費については、いかなる事由があっても返還しない。

4 理事会は、年会費の額またはその算定基準に関する規則を変更する場合は、当該変更の発効予定の3ヶ月前までに全ての会員に変更を通達する。

第4章 会員の権利義務

第5条(会員の権利)

会員は、他の規程に定める他、次のような権利を有する。

(1) 特別会員

① 当法人の社員として、当法人の運営、運営委員会等委員会及び各ワーキンググルー

プに参加することができる。

② 当法人活動によって生じた知的財産権およびその他の成果物を別に定める規程に従って使用することができる。

③ その他、当法人の活動状況の情報を受け取ることができる。

(2) 正会員

① 各ワーキンググループに参加することができる。

② 当法人活動によって生じた知的財産権およびその他の成果物を別に定める規程に従って使用することができる。

③ 当法人が正会員向けに限定して発信する各種情報の提供を受けることができる。

(3)賛助会員

①賛助会員の参加が認められた委員会及び各ワーキンググループに参加することができる。ただし、委員会における議決権は有しないものとする。

②当法人が賛助会員に限定して発信する各種情報の提供を受けることができる。

(4) 学術会員

① 学術会員の参加が認められた委員会及び各ワーキンググループに参加することができる。 ただし、委員会における議決権は有しないものとする。

② 当法人活動によって生じた知的財産権およびその他の成果物を別に定める規程に従って使用することができる。

③ 当法人が正会員向けに限定して発信する各種情報の提供を受けることができる。

2 前項各号の権利義務は、譲渡することができない。

3 第1項各号の権利は、会員が退会または除名により会員たる地位を喪失した場合には消滅する。

第6条(会員の義務)

会員は、権利を誠実に行使し、当法人の目的を達成するために本会の運営に協力する義務を負う。

2 会員は、運営委員会およびワーキンググループその他の当法人における活動に際し、公正且つ自由な市場競争を制限または阻害するおそれのある行為をしてはならない。

3 会員は、公序良俗に反する活動をしてはならない。

4 正会員及び学術会員は、定期的に当法人が定める様式に従い、レポートを提出しなけれ

ばならないものとする。

第5章 資格の喪失

第7条(退会)

会員は、退会の1か月以上前に当法人に対して別に定める退会届を当法人に届け出ることにより、任意に退会することができる。但し、やむを得ない事由があるときは、いつでも退会できるものとする。

2 前項の場合のほか、会員は次に掲げる事由により退会する。

(1)1年以上会費等を滞納したとき

(2)退会について総特別会員の同意があった場合

(3)当該会員が死亡または会員である法人又は団体が解散したとき

(4)第8条に基づき除名されたとき

第8 条 (除名)

会員が次の各号の一にでも該当するときは、 社員総会の特別決議によりこれを除名することができる。

(1)当法人の名誉を傷つけ、または当法人の目的に違反する行為があったとき

(2)当法人の会員としての義務に違反したとき

2 前項に規定する社員総会の決議の前に該当会員に対して理事会での弁明の機会を与え

る。

第6章 管 理

第9条(会員名簿)

当法人は、会員の氏名または名称および住所を記載した名簿を作成する。

2 名簿の管理については、事務局がこれを行う。

第7章 附 則

(年度)

第10条 会員の年会費の年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第11条(施行)

この規程は平成23年7月6日から施行する。

第12条(改廃)

本規程の改廃は、理事会の決議による。

改訂履歴

2011年8月5日(特別会員の追加、賛助会員の追加)
2013年6月27日(特別会員の削除)
2014年4月23日(特別会員の削除)

 

© 2011 TERAS Web Site Suffusion theme by Sayontan Sinha